« 惑星の数が変わる | Main | 派遣社員さん どうなるの? »

産婦人科の先生に求めるもの

産婦人科の先生に求めるもの

産婦人科の先生が少なくて困った。産める病院が少ない。
小児科も、麻酔も勉強してマルチにこなせるようになってもらおう。

これも案ではありますが、もしかしてますます希望者減るのでは?

タイミング悪く、有名な産婦人科の病院で、
本来内診をしてはいけない看護士にやらせていた事件が発覚。
これが問題を起こしたかどうかは分かりませんが、
またまたもめそうだと思います。  


但し、
  看護士さんに対する医療行為の制限が異様に厳しいのでは?
  というのが個人的には思います。
  お医者様もレベル格差あるように、看護士さんもレベル差ありますから、
  なんとかもう少し、ランクによる制限の緩和はできないのでしょうか?

  入院していると思ったことは、
  患者の症状を実際把握しているのは主に看護士さんです。
  お医者様は殆ど診にきません。  
  それで、本当に症状を把握しているのか?
  至極疑問に感じました。  データ報告をしているらしいですけど。
  質問を聞くのも看護士さんを通じてでないとダメだったりでね。

  この実態も踏まえ、医療とは誰が何の為にやる行為か?
  医師と看護士の役割と格差。  どう思います?

  
 

|

« 惑星の数が変わる | Main | 派遣社員さん どうなるの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45360/11594946

Listed below are links to weblogs that reference 産婦人科の先生に求めるもの:

» flashers spring break []
women flashing drunk flashing college chicks [Read More]

Tracked on September 12, 2006 at 08:36 PM

« 惑星の数が変わる | Main | 派遣社員さん どうなるの? »