« フグの肝が食べられる日はくるのか? | Main | 耳あかのタイプの塩基配列の違い »

インスリン 吸入式粉末

最近ある番組ですい臓が機能しなくなって、インスリンの接種が
必要な小学生の話を見た。

食事の制限が厳しい。しかもインスリンを注射して入れても、
血糖値のレベルは上下に激しく変動する様子を見て、
本当に大変なことなのだと分かった。

これが本来のすい臓が機能していれば容易にコントロールできる
というのも不思議なくらいなこと。

埋め込み式(人工すい臓)開発も必要なのだろう。

その開発はまだまだとして、
注射という行為も大変そうだったが、粉で吸引できるとすると
楽になると思うので、とりあえずこちらの製品の普及を期待したい。


参照記事:
インスリン:世界初、吸入式粉末薬の販売認可 米国
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20060128k0000e020032000c.html


人工すい臓 関連
http://www.sankei.co.jp/eco/special/big/85.html

|

« フグの肝が食べられる日はくるのか? | Main | 耳あかのタイプの塩基配列の違い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45360/8410718

Listed below are links to weblogs that reference インスリン 吸入式粉末:

« フグの肝が食べられる日はくるのか? | Main | 耳あかのタイプの塩基配列の違い »