« 500憶のシステム開発 | Main | 歯科に »

キーボードの使い方

キーボードの使い方

これは周囲の人を見ると、時に意外な発見がある。

画面のスクロールとか、サイズの拡大・縮小は、
絶対やりそうもないマウスとキーの使い方の組み合わせだった。

あれ?  と思って指摘した場合もある。

無変換これは時に盲点になっているのではないだろうか?

カタカナに変換するのに、変換=>取り消し=>変換と
やっている人がいるが、携帯電話ならばそれでも良いかもしれないが、
無変換の方が早い。ということに気づいていなかったりね。

でも、知っていてもクセでやっている可能性もあるので、
絶対ではないけれど、無変換の方が確実で早いから気づけば
教えますよ。  <<こういう言い方が嫌われるのかもしれないけれど、
明らかに変とか危険なことは、気軽に言えないと進歩もないし・・・

そんなことで自分の気になるクセも含め、この数日少しキーボードの
操作で幾つか調べていた。

私のキー入力は指の使い方がまるでダメなので、悪い見本では
あるが、その分コピペは活用している。
でも変換ミスの修正は、リバースして変換し直しのクセをつけないと損。
つい削除して入力し直ししてしまう。

迷うのはローマ字とカナ入力を切り替えを間違ってした時。
これキーボードによっては色で分かるけれど、分からないものだと
忘れてしまって、しばし頭を悩ませる。

CNTL + SHIFT + カナ(ローマ字)  でokなキーボードもあるが、
ALT + カナ(ローマ字)  でok , これが楽だと思う。 (忘れがち)

私のコピペはマウスとCNTL +Ⅴ と CNTL +C を組み合わせが
多いが、意外と変なやり方に見えるようだ。
全部入力している人も多いから、そう見えるのかな?


ソフトによってはショートカットがいろいろあるが、特にEXCELは本当に
沢山あるので、もっと憶えないとダメだ。


|

« 500憶のシステム開発 | Main | 歯科に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45360/8325666

Listed below are links to weblogs that reference キーボードの使い方:

« 500憶のシステム開発 | Main | 歯科に »