« 新素材 ドロマイトの抗ウイルス | Main | また寒波が来る? »

21世紀の医学に 期待したいこと

21世紀の医学に 期待したいこと

今一番願うこと、

 「人の痛み」を客観的に見せることができるようになること。
 そして、痛みにはなんらかの理由が(多分)あるはずなので、
 気のせいとか、分からんとかではなくて、本来の理由を見つけて、
 取り除くようにできること。
 
 気のせいとされていること(ウツ病とか心気症)、
 実際は分からないからそう括っているだけでしょ?
 違う  そのメカニズムはこうだ  ・・・ もし、これが立証されて
 いるのならば、確たる理由があるという。 パラドックスがある。  

 全てを解明できる。  全てをコントロールそんな時代はいつくる
 かは予想できない。  でも、その努力を忘れないで欲しい。
  

 人間、瞬間的や短時間の痛みには比較的耐えれるけれど、
 持続的痛みには苦痛なんだ。
 これは実際経験してみないと分からない。

 どこからくる痛みなのか?  それは分かるような単純な場合より、段々
 本人も区別のできないものにさえなる。 
 それを気のせい?  精神病 ?  そんな簡単に思っているから、
 進歩しにくいのでは?  
 なんでも効く鎮痛薬。  これももしかすると実現できる?
 それは殆ど麻薬だと思うけれどね。 それではないもの。

 原因・対応という路線を 少しずつ歩んで欲しい。  

|

« 新素材 ドロマイトの抗ウイルス | Main | また寒波が来る? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45360/7786169

Listed below are links to weblogs that reference 21世紀の医学に 期待したいこと:

« 新素材 ドロマイトの抗ウイルス | Main | また寒波が来る? »