« 寄生虫 いろいろあると思いますが? | Main | 遠隔診断医療 »

証券システムのトラブルに関して

証券システムのトラブルに関して

業界の末端にいるものとして・・・

いろいろトラブルが起きたことはなんとも大変でしたとしかいえないが・・・

多くの優秀なエンジニアや関係者がテストを繰り返し万全の状態で
やっても、トラブルは起きてしまった。
 (ファイルが壊れたのはバグではない事故かもしれないが)

普通のシステムの場合は、もっとやるべきテストが十分にはできない
という現状を知るだけに、なんとも怖いものを感じた。
  
人間は誤りをする生き物で、ソフトにはバグや何らかのある条件での
不都合がつきまとうものだと思う。  
大変申し訳ないがこれはどんな天才集団が十分な条件でやっても多分
防げないことなのであると思う。
これが防げるようになるのは、レベルを数段上げるとか、大変革が必要
なのではないか? と思う。
人工知能(これも人間が作るのだが)が管理していくとか、人間の知能そのものが何かレベルの違う進化をするとか、
SFの域だけど、これが起きないと今後のシステム複雑化にも
ますます問題が起きることが予想される。

リカバリや復旧、原因の特定を早くする  こちらの努力も重要ですね。

加筆:
他の証券システムの見直しの指示
 これも確かに必要な対応と思いますが・・・
 闇雲に、見直せと言われても、実際意味のあることはし難いと思います。
 レベルが低いという指摘もうけましょうが、多くの場合は問題が無いことを
 前提にシステムを動かしているわけで、現場の作業者はなかなか、
 できない実際はあります。 
 気が付かないところで問題は起きるのが、システムのかかえるジレンマ。

 作った人と、運用している人は違うし、ましてや指揮する管理職は、
 実はシステムを熟知していないとか(外注任せとか)もあるという
 ケースもあるようですからね。  
 まさか証券のように重大でお金のかかっているシステムでは
 そんなレベルは低くない。 ・・・はずです。 
 本当に作る側のレベルアップ必要ですね。

 

|

« 寄生虫 いろいろあると思いますが? | Main | 遠隔診断医療 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45360/6902085

Listed below are links to weblogs that reference 証券システムのトラブルに関して:

« 寄生虫 いろいろあると思いますが? | Main | 遠隔診断医療 »