« 新議員の発言の余波 | Main | 株取引の増加 »

新議員の発言の余波その2

新議員の発言の余波その2

夕刊 フジ 議員特権 法外リストというのは掲載されていた。

 金額がよくわからない部分も多いが

 歳費 年 約2200万円 
 文書通信交通滞在費 1200万円 (何に使っているのか?)
 JR年間パス (これ幾ら位なのか?)
 新幹線グリーン(請求分らしい)
 秘書給与 3人分 約2000万円
 オフィスや宿舎  タダか格安 (回線、インターネット付き)
 議員立法費 年780万円
 +その他  (公用車等) 
 
 7000万円(秘書分含め)以上の価値はあるのかな?

 ただ、議員としての活動費用としてどこだけ認めるのか?
 全然分からないので、全部カットとは言えないないし、
 絶対しないだろうが、一般の会社ではありえない優遇多い。

 必用経費というのは何か?  記載も報告も殆ど無い仕組み?
 私用も公務も地元だけへのサービス?も含めて??

 明細報告位は秘書3人もいるんだから記載して欲しい。
 
 目安で、歳費2000万 + 活動費用 約2000万 
 で、あとは報酬制(成果主義?)で、できませんか?
 
 
  


|

« 新議員の発言の余波 | Main | 株取引の増加 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45360/6165993

Listed below are links to weblogs that reference 新議員の発言の余波その2:

« 新議員の発言の余波 | Main | 株取引の増加 »