« 医療 画期的な治療薬開発法   理研 | Main | サンチュで快眠? »

黄色いゴミ袋でカラスを目くらまし

黒の袋時代より、透明になってからカラスによるゴミあさりの
状況は酷くなったと思います。

頭も目も良いカラスには、アミ作戦も効果が減ってきたり。

夜間に即回収か、BOXに入れるようにすべきでは?
でしたが、黄色い袋作戦ですか? 
これはコスト的にはやりやすそう。

偶然2005/05/29のAという番組で、司会の久米さんが、
東京都知事に夜間に即回収(台湾で効果大)を提案しに行ってました。
カラス対策だけではなく街の美観の改善にこれも考えては欲しいですね。
でもコストとかゴミ回収関連者もいろんな利権があって実現は困難そうです。
石原都知事なら 何かをやるかもしれませんが・・・

参照記事:

カラス対策、目くらましで黄色いごみ袋 大分・臼杵市
(http://www.sankei.co.jp/news/050530/sha060.htm)

|

« 医療 画期的な治療薬開発法   理研 | Main | サンチュで快眠? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45360/4349774

Listed below are links to weblogs that reference 黄色いゴミ袋でカラスを目くらまし:

» カラス対策の黄色いごみ袋 [讀読新聞blog版]
カラス対策の黄色いごみ袋 生ごみを荒らすカラス対策として、大分県臼杵市が黄色いごみ袋導入した(共同) 「カラスです。ゴミステーションの黄色いゴミ袋が、 黄色い服のしゃがんだ女性に見えるトです」 [Read More]

Tracked on May 31, 2005 at 01:54 PM

« 医療 画期的な治療薬開発法   理研 | Main | サンチュで快眠? »