« グーグルツールバーの新機能と問題 | Main | どうなるのか? ライブドア VS フジ&ニッポン放送 »

IBMのPCサービスの今後は?

PCの製造販売は他社に譲渡して止めることにしたのに、こういう形態で
PCの提供サービスを続けるのでしょうか?
いろいろなメーカの違いやソフトを収集することになると思うのですが、
かなり大変なサービスですね。
自社のソフトの操作説明や調査でもなかなか難しいのに、できるもの
なのでしょうか? 
価格設定しだいでは儲けは出そうですが、人件費は膨大になると思います。

しかし、中国の企業に技術を渡すのは本当に良しと考えた理由が今ひとつ
理解できません。

参照記事:
IBM、柔軟性を高めたアラカルト式のPCサービスを開始
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050223-00000005-cnet-sci)

|

« グーグルツールバーの新機能と問題 | Main | どうなるのか? ライブドア VS フジ&ニッポン放送 »

Comments

こんにちは。
IBMと言われて…「Lotus スーパーオフィス」を
思い出しました。
かつて、隆盛を誇った「1-2-3」入りのオフィススイートですね。
一応、今のパソコンにも入れてますが…、
今となっては、「古い」ソフトになってしまいましたね…。
まぁ、SOURCENEXTからも、安価に出されてますが…。

以前、IBMの社員の方に、
「次期バージョンが出る予定はありますか?」
とお伺いしたところ、
「おそらく、ないでしょうね…。」
という返答を得ました。。。

「Lotus スーパーオフィス」ほどまでに、
一時期普及したソフトなのに、
開発継続をやめてしまうなんて…、
IBMの企業姿勢を疑ってしまいました。。。(T_T)

Posted by: 愛野 | February 24, 2005 at 04:32 PM

コメントありがとうございます。
しっかりユーザがいるような良いソフトでも、開発を継続しないのは、
儲からないからか?方針が変わるのか? 
マシンやOS等の環境が凄い早さで変わってしまいついていけないのか?
ソフト関連の企業にいる身としては、・・・すみませんと代わりにお詫びします。

Posted by: ノラネコM | February 27, 2005 at 03:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45360/3054658

Listed below are links to weblogs that reference IBMのPCサービスの今後は?:

« グーグルツールバーの新機能と問題 | Main | どうなるのか? ライブドア VS フジ&ニッポン放送 »