« 医学 新たな感染防御システム | Main | 記録 「2000人達成」しました。 »

WBSネタ プリザーブドフラワー

WBSの中で「技あり!ニッポンの底力」コーナ
 2004/11/08

最近フラワーショップ等でみかけるけれど、
どうやって作っているのか気になっていた
「プリザーブドフラワー」につていの紹介がありました。

綺麗で長持ちなんですが、なかなか高価です。
 製法を見て納得しました!

海外の輸入ものが主だったようですが、
日本でも独自に製法を開発した会社があり、
そこが紹介されていました。

簡単に説明すると、植物の内部の液体や色素を
他の人工的なものに置換してしまうもののようです。

やはり、花びらの肉厚なバラ・ユリ・カーネーションのような
ものでないと難しそうですね。
色は調整するので、青バラでもOKです。
バラではないクリスマスローズも見たことあります。
実際販売されているのは圧倒的にバラのようです。

(ちなみに、サントリーさんが本物の青い色素を持つ青バラを
開発しましたが、一般に出回るにはもう少しかかる?でしょう。)

プリザーブドフラワーとは?:
生花のようなしっとりとしたソフトな感触と、
美しい色合いが長く楽しめるように保存加工した花。
(プラスチックの造花ではなくて、加工したものです。)


|

« 医学 新たな感染防御システム | Main | 記録 「2000人達成」しました。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45360/1927767

Listed below are links to weblogs that reference WBSネタ プリザーブドフラワー:

« 医学 新たな感染防御システム | Main | 記録 「2000人達成」しました。 »