« 海外在住ブログの紹介 03 | Main | SETI@Homeについて »

検索エンジン 考

この頃、本屋通い&本買いが多くて・・・
特に、ブログ関係の本・ムック、コンピュータ関連 雑誌・ムック・本。

その中でGoogleでの検索方法のテクニックの特集が数雑誌に
記載されているのが目に付いた。
まあ、単純に検索するしか知らなかったが、指定方法を変えると・・・いろいろある。
それは、会社で使うネタとして、とりあえず書かないけどね。

検索エンジンの世界、本当に熾烈に制覇すべく競争していますね。
 とてもハイレベルで、どうしてこんな早く、膨大な量のサーバ・記録から集められるか?
 ・・・ 私の理解レベルを超えています。

その1:
しかし、エンジンの機能向上も凌ぐ情報量の増大は、
本当はどうするべきなのでしょうか?

正直いえば、欲しいジャストフィットのものを探すのは困難な場合多いです!
 特に、トラブル対策とか、少し深いこと知りたいけど、  
 沢山ヒットしても、全然マッチしないものが多いです。
 =>検索のやり方の悪さもありますが、
    もしあらゆる存在するもの検出でき&その検索結果を全て確認したとしても、
      元々本当に必要な情報が存在しない可能性もありますね。
    結局、期待して時間をかけただけ徒労に終わります。

その2:
 また、長~い年月を経ると(これからもより一層)、古い情報がヒットしてもしょうがない
 と思う場合も多いですね。
 =>古いものはもうヒットさせない工夫とか、検索エンジンのロジックが条件に
    年代のようなものが必要になるのでは?  と思うのですが・・・。
      もう既に入っているかもしれませんけど、表向きには分かりませんね。

その3:
 検索すると、関連していろいろ気になる別のことが出てきます。
 特にまとまったものとか、用語の意味とか、統計的な情報とか
  例:××に関しては、、○○の一覧が、日本にどのくらい・・・
 また、これを探すのに一苦労するんですよね。 
 大概は少しだけで、無理なので諦めます。
 でも、キーワードの用語位は、右クリックで意味が出たり、何かリンクやヒント
 出してくれないかな?? 

 仕事で1日かかりりきりでとい程時間をかけれないので、
 ソフト的にエージェントとかアシスタントでもあればな?なんて思うこと多いです。
 
 思考回路がB型なんで、発散しやすんので、特にこれができない苛立ちあります。 
  

|

« 海外在住ブログの紹介 03 | Main | SETI@Homeについて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45360/1578956

Listed below are links to weblogs that reference 検索エンジン 考:

« 海外在住ブログの紹介 03 | Main | SETI@Homeについて »